ページの本文へ

Hitachi

Hitachi Field Navigator

ディフェンスシステム社

技術を通じて安全・安心な社会の実現に貢献します
日立グループの縮図とも言える多種多様なシステムの開発に取り組んでいます。

ディフェンスシステム社は、防衛・航空宇宙・セキュリティ分野を支える技術を核に、日立グループの技術を集結して社会インフラ安全保障事業を推進し、さまざまな事態から私たちの生活と安全を守り、安心して暮らせる社会の実現に貢献します。

海底から宇宙・サイバー空間までの安全・安心を守るディフェンスシステム社の社会インフラ安全保障事業をご一読ください。

募集職種
  • 研究
  • 設計
  • SE
  • 生技
  • 品質
  • 営業
  • 保守
  • 知財・その他
卒業学部学科系統
  • 機械工学系
  • 電気・電子・通信工学系
  • 情報工学系
  • 化学系
  • 物理学系
  • 数学系
  • 経営工学系
  • 土木工学・建築・環境工学系
  • エネルギー・資源工学系
  • その他
事業分野
  • 情報通信
  • 電力
  • 鉄道
  • 公共
  • 産業
  • 都市開発
  • 電子装置
  • 家電
  • 自動車
  • ヘルスケア
参考資料

事業領域

防衛・航空宇宙・セキュリティ分野を支える技術を核に、安全・安心な社会の実現に貢献します。

ディフェンスシステム社は長年にわたる防衛事業を通じ、安全・安心に係わる様々な技術、経験を蓄積してきました。この技術や経験を活かし、安全保障の範囲をサイバー空間などを含めた社会インフラ全体に広げ、グローバルな視点で事業を推進してまいります。
私たちの周りには、サイバー攻撃、テロ、大規模自然災害、地球温暖化、環境破壊、水資源を含めた各種資源の確保、再生可能エネルギー手段の獲得などの地球規模で解決すべき課題が山積しています。
ディフェンスシステム社は日立グループの関係各社と連携してこれらの課題に挑戦し、社会インフラの安全保障を支援し、安全・安心な社会の実現に貢献していきます。

職種紹介

  • システムエンジニア 市場や国内外の技術動向、お客さまのニーズを調査し、分析評価、新規事業の戦略を企画立案します。また、幅広い知識を活かし、お客さまのニーズを設計開発部門にフィードバックしながら、最適な製品、システムを提案します。
  • 設計開発 お客さまのニーズや製品が使われる環境などを考慮し、最先端かつさまざまな技術により、高品質なプログラムやシステム、製品を開発します。製品の信頼度を高めるため、社内外において試験を行います。納入後も定期検査など、サポートとともに、お客さまの要望を伺い、より良いシステム・製品の提案に活かします。
  • 品質保証 扱う製品・システムは高い信頼性、品質が求められます。開発の初期段階から製品納入、納入後の問題解決まで、お客さまの視点に立って品質向上活動、評価、保証を行います。

先輩社員メッセージ

もっと見る
閉じる

特徴的な技術

指揮統制システム

作戦指揮を的確かつ効率的に遂行するため、指揮官の情勢判断、意思決定、命令指示伝達および情報交換を支援する信頼性の高い指揮統制支援システムを提供しています。防衛分野においては、自衛隊の艦船、航空機、潜水艦から多数のデータを扱い、インフォメーションからインテリジェンスを抽出、可視化する技術を活用しています。
また、教育訓練を支援するシミュレーション技術、気象・海象データの解析処理、表示技術などの開発を行っています。

地理空間情報ソリューション

衛星画像やGIS(地理情報システム)を利用して、森林、農地、海洋、人工物などの情報をユーザに分かりやすく提供するためのシステムを開発しています。人工衛星や無人機のセンサ(カメラやレーダなど)で取得したデータの処理技術の開発、地図などのGIS情報を提供するシステムの開発、高解像度衛星画像の販売などを行います。

ICT基盤ソリューション

種々の情報源から発信される多様なデータを効率良く収集・配信し、情報共有および管理の効率化を実現することで、サイバー攻撃にも対応しうるセキュアな情報通信ネットワークシステムを構築しています。
また、独自の暗号技術を用いた情報セキュリティ技術、音声や画像のマルチメディア検索技術などの開発を行っています。

情報漏洩防止ソリューション

日立独自開発のハードディスク全体暗号化ソフトウェア、及び通信データの強制暗号化ソフトウェア等の適用により、装置内データ・装置間通信データの漏洩を防止します。更に盗難検知等、不正利用防止機能を追加することにより、セキュリティを強化することもできます。

サイバー防護ソリューション

ネットワークシステムで情報収集及び監視を行い、不正アクセスやサイバー攻撃等の脅威に対する迅速な対処を可能とするとともに、作業の自動化により管理者の負担を軽減します。

危機管理ソリューション

人々の生活を支える社会インフラが高度化・複雑化する一方で、その安全と安心を脅かすリスクも多様化し、大規模災害や環境問題、テロ行為などにも対応する必要があります。危機管理ソリューションは、防衛分野で培った高度で信頼性の高い技術とノウハウを活かし、事故や災害などの緊急事態の監視・分析・判断・行動(OODA)の各フェーズを支援することで、被害の低減と事後対処能力の強化に貢献します。

3次元による通視解析

指定した地点▲からの通視解析結果を、3次元および2次元にて表示都市モデルを利用した通視解析による各種シミュレーション

水循環解析ソリューション

将来の気象や人間活動の変化を踏まえ、最適なかん養量および地盤沈下や塩水化に配慮した地下水揚水量を把握することができます。又、地下水汚染解析や斜面崩壊の危険度も予測可能です。 従来困難であった表流水と地下水を一体化させた解析により、精度の良い結果を提供でき、その結果を3次元GISを用いてアニメーションとして時系列でわかりやすく見ることもできます。

艦艇搭載システム

さまざまな艦艇に搭載される、情報処理システムや各種装備の制御・管制システムを構築しています。また、機雷探知や魚雷防御を行うためのソリューション(海中状況を把握し、必要な攻撃や防御を行うまでの一連の動き)を提供し、海上や海中の安全確保に貢献できるシステムを構築しています。これらシステム構築のために、システム制御技術、ディジタル信号・画像処理技術、目標運動解析技術や、水中音響・音波伝播技術を結集した開発を行っています。
さらに、これらのシステムをインテグレートするために不可欠なオープンアーキテクチャ化の技術を開発しており、今後は民間を含めた幅広い分野への展開を推進します。

指揮システム

艦艇に搭載し、各種センサデータから目標の位置や運動などを解析し、意思決定を支援するシステムです。

ソーナーシステム

掃海艇の船底部に装備され、海中の物体を超音波で捜索するセンサです。光や電波の届かない海中を可視化し、機雷などの危険な物体を捜索する掃海艇の「鋭い眼」となる重要なセンサで、ペルシャ湾での掃海活動や東日本大震災時の海中捜索救難支援にも寄与しています。

統合エネルギーソリューション


出展:海上自衛隊ホームページより

日立グループの電力・電気技術を結集し、運用性や費用対効果に優れた、次世代の統合電気推進システムを構築しています。現在、南極観測隊輸送任務に就く砕氷艦しらせの円滑な運用実現のためのシステムが稼働中です。
砕氷艦しらせに搭載されている統合電気推進システムは、主発電機で電気推進装置および艦内電源に電力を供給する、国産の艦船では初の統合給電方式を採用しています。

メカトロニクスシステム

日立グループの車両・橋梁システム関連技術とエレクトロニクス技術を融合し、防衛任務の確実な遂行、災害時のライフラインの早期復旧支援など、信頼性の高いメカトロニクスシステムを構築しています。
また、装軌車の設計技術とハイブリッド技術を融合した次世代車両システムや、油圧制御技術を駆使した掃海艇に搭載される非磁性クレーンや巻揚機システムを開発、提供しています。

機動橋梁システム(架橋)

新幹線などに使用されている高張力アルミ構造技術や自動化技術を使用し、車両に搭載、移動し短時間で架けることができる機動橋梁システムを開発、提供しています。災害時の救難支援にも寄与しています。

NCW(Network Centric Warfare)関連システム

高度な通信・ネットワーク技術を駆使した航空通信システム、広域IP通信システムを構築しています。
また、災害監視や防衛利用のため撮影した画像データを転送して現場の状況把握、情報共有を飛躍的に促進する小型無人機やウェアラブルコンピュータを用いたセンサネットワークシステムを構築しています。

トピックス

グローバル展開

衛星画像、水循環解析ソリューションなどの欧米、新興国などへの展開を推進しています。
海外の最新技術・製品を積極的に採用し、システムインテグレーションしています。

フォトアルバム

  • 衛星画像受信アンテナ
    衛星画像受信アンテナ Digital Globe社のWorld View衛星を受信するための専用設備を運用しています。
  • 衛星画像の活用
    衛星画像の活用 衛星画像を加工して付加価値をつけることで森林面積の把握などに活用されます。
  • 海外市場調査
    海外市場調査 海外市場における製品展開の可能性を探るため、南米で市場調査をおこないました。
  • 機動支援橋
    機動支援橋 戦車などの車両がわたるための機動橋です。ガイドビームを送出して橋体を組立て、連結して構築する橋梁システムです。
  • 砕氷艦しらせ
    砕氷艦しらせ 電気推進装置の初航海において、若手技術者も南極観測に同行しました。
  • 沖縄地上局
    沖縄地上局 Digital Globe社が運用するWorld View衛星を受信するための地上局です。
  • 海外研修
    海外研修 日立現地法人における長期業務研修や、語学や文化、習慣を肌で感じることを目的とした短期研修も行っています。
  • 海外動向調査
    海外動向調査 最新の技術動向を得るために、国内外のカンファレンスに参加しています。
  • 社内研修
    社内研修 さまざまな社内研修をおこなっています。職種や勤務地を越えた交流の場としても好評です。
  • 社内イベント
    社内イベント 若手の社員が中心になって企画運営する社内イベントを開催しています。
  • 横浜事業所
    横浜事業所 2012年に完成した横浜事業所は、設計棟、システム製造棟があり、清潔感ある明るいオフィスです。
  • 横浜事業所設計棟
    横浜事業所設計棟 横浜事業所設計棟は、環境に配慮した先進的な建物で、日立内エコオフィスとして認定されました。
もっと見る
閉じる

所在地・お問い合わせ・エントリー

  • 土浦地区
    土浦地区 〒300-0013
    茨城県土浦市神立町603番地

お問い合わせ先

担当 : 天利・松田
E-mail : ds-recruit@ml.dsg.hitachi.co.jp

個人情報の保護に関して

当社へのTEL・FAX・メールでのご連絡をいただく前に、当社「個人情報保護に関して」へのご同意をお願いいたします。