ページの本文へ

Hitachi

Hitachi Field Navigator

ITビジネスサービス本部

日立の変革をITでリードし、社会イノベーションの実現に貢献する

ITビジネスサービス本部は、ITソリューションの開発と提供を通じて、日立グループの成長を支えます。
日立グループのグローバル戦略を推進していくためには、高い専門性と業務遂行能力をもって、グループ全体の経営をサポートする、ITの力が欠かせません。
そこで私達ITビジネスサービス本部は、グローバルな視野をもって効率的なオペレーションの実現を支援する「プロフェッショナルサービス部門」として、以下の3つのミッションを掲げて日立の変革をITでリードし、社会イノベーションの実現に貢献しています。

  1. ITによりグローバルビジネスを革新し、ビジネス拡大に貢献します。
  2. ITによりワークスタイルを改革し、日立グループのイノベーションをリードします。
  3. ITにより経営基盤を改革し、日立グループのビジネスモデル変革をリードします。
従業員数 440名
アピールポイント 日立の変革をITでリードし、社会イノベーションの実現に貢献する
募集職種
  • 研究
  • 設計
  • SE
  • 生技
  • 品質
  • 営業
  • 保守
  • 知財・その他
卒業学部学科系統
  • 機械工学系
  • 電気・電子・通信工学系
  • 情報工学系
  • 化学系
  • 物理学系
  • 数学系
  • 経営工学系
  • 土木工学・建築・環境工学系
  • エネルギー・資源工学系
  • その他
事業分野
  • 情報通信
  • 電力
  • 鉄道
  • 公共
  • 産業
  • 都市開発
  • 電子装置
  • 家電
  • 自動車
  • ヘルスケア

事業領域

連結経営インフラの最適設計・開発

ITビジネスサービス本部ではグローバル市場でのさらなる成長に向けて、グループ&グローバルの連結経営システムの提案・構築・展開や、日立グループの経営情報の収集・共有化・可視化等を推進。グローバルライバルに比肩する連結経営インフラの実現に取り組んでいます。

グローバルIT基盤整備の設計・開発

日立グループ全体のグローバルITインフラを、戦略からサービス開発、展開まで横断的にマネジメントしています。
特に従来の日本基準偏重の考え方によるIT施策・サービスや、グローバル先端企業の方式の模倣ではなく、日立グループの企業文化・事業構造の多様性に適合した、競争力あるグローバルITインフラの再整備・拡充をめざしています。

各社事業戦略に基づくIT計画策定への貢献

日立グループ各社の事業戦略や抱える課題を理解・共有し、それぞれの「事業戦略の実現」ならびに「迅速かつ低コストでのグローバル事業展開」に貢献できるIT基盤を、グローバルにソリューションとして提供しています。
例えば、グループ各社が独自に導入している各種ITサービスを、ITビジネスサービス本部が提供する日立グループ向けの「グローバル標準ITサービス」に集約することで、品質向上・セキュリティ強化・コスト削減に繋げています。

ITリスク・セキュリティの強化施策と徹底

日立グループではグローバル展開を加速させており、今後、新興国地域等への進出が活発化される事が予想されますが、ITインフラが未成熟な国・地域への進出により、ウイルスに感染するリスクも高まっております。
このような日立グループ内外のクライアントセキュリティに対するリスクの変化に対応するため、セキュリティ要件の整備やセキュリティレベルの強化をグローバルに推進しています。

職種紹介

  • システムエンジニア 日立グループ内の情報システム企画・開発・展開
    日立グループ内のITインフラ設計・構築・展開

トピックス

日立グループのグローバルレベルでの活躍に貢献

広範な事業領域を持つ日立グループの経営をITの側面からサポート。全体最適化を推進するグローバルIT基盤の整備を実現し、米州、欧州、アジア(中国、シンガポール、インドなど)に活動拠点を置き、IT基盤をグローバルで標準化させることをめざしています。
特に、成長著しい新興国のIT基盤整備は急務であり、今後は新興国向けのスタートアップサービスの充実にも注力をしていきます。また、グローバルに活躍できる人財の育成にも力を入れています。

経営基盤の強化の推進

日立グループの経営方針に即した、戦略的なIT施策を企画・推進しています。

<グローバル標準業務を実現する業務・ITの全体最適化>

  • 最適な業務プロセスの設計
    財務、調達、営業、人事等を横断した業務プロセス改革を推進し、業務の最適化を図ることで、経営に貢献しています。
  • 経営の見える化
    キャッシュフロー等の経営に関わるデータを見える化し、日立グループにおけるグループシナジーの創出と経営のスピードアップを実現に向けて取り組んでいます。
  • ITアーキテクチャ標準化
    システム内データ利活用の最大化を促進し、事業経営に貢献しています。

グローバル成長戦略のサポート

グローバルに事業を展開する日立グループにおいて、各社戦略に即したセキュアなグローバルITインフラを整備することで、国際競争力の向上をITで支援しています。
例えば、ユニファイドコミュニケーションサービスやエンタープライズSNSなどのコミュニケーションツールをグローバルに展開することで、国内外を問わずスピーディーなコミュニケーションの実現に貢献しています。特に、最近は先進ITツールを駆使することで、ワークスタイル改革や業務効率向上に繋げる取組みにも注力しています。

各カンパニーおよび日立グループ各社と連携した重点事業の支援

グローバルに事業を展開するにあたり、ビジネスに即したITニーズを把握し、事業の立ち上げ初期段階からITインフラ構築を支援しています。特に昨今では、新興国における共通ITインフラの整備を推進しています。

人財育成

自分で判断し、実行できる「自律型IT人財」を育成するため、技術研修のみならずヒューマンスキル研修も充実させています。また、グローバル人財の育成のために語学研修はもちろん、グローバルマインドセット研修や海外業務実習なども積極的に実施しています。

実施教育例

(1) 新人導入技術研修
ここで社会人として、そして技術者としての基礎を身に着けて頂きます。レベル別にクラス分けをし、各人に合った教育を実施しています。
(2) モノづくり実習
SEとしてのモノづくりの重要性を学ぶ実習です。約6カ月間をかけてアプリケーション・プログラム開発を実際に行い、システム開発手法、プロジェクト運営に関する基礎知識など、各種スキルを習得していきます。
(3) システム工学エレポート
SEとしての基礎的なシステム設計力を高めるため、工学的手法を用いて生きたデータの分析・評価を行い、業務を論理的、定量的に評価する視点・手法を習得していきます。
(4) 海外業務実習
将来的にグローバルに活躍することを希望する方を中心に、海外拠点で実際に業務を行います。
必要とされるのは単純な語学力だけではなく、総合的な業務遂行能力です。

所在地・お問い合わせ・エントリー

お問い合わせ先

本社
TEL : 03-4564-2967
担当 : 和田、前原
E-mail : saiyo.admi.nc@hitachi.com

個人情報の保護に関して

当社へのTEL・FAX・メールでのご連絡をいただく前に、当社「個人情報保護に関して」へのご同意をお願いいたします。